多汗症の悩みに決着!

医者と看護師

ボトックス注射で多汗症を集中ケア

ボトックス注射は小顔を目指したりシワの改善に有効ですが、実は多汗症の改善にも有効です。多汗症の原因として、汗腺の中にある交感神経に異常が起こり、汗を大量に発生させてしまいます。汗は、体温調整や体の中の毒素を排出するのに必要な働きをしてくれます。しかし、多汗症のように大量に汗が出てしまえばコンプレックスとなります。脇から出る汗により、腕を上げると汗ジミが出来てしまうのでシャツにシミが残りやすくなります。また、大切なプレゼンの最中、緊張によって書類が汗で濡れてします事も。さらに、手汗過剰に出ると、取引先の相手と握手を交わす際に不快に思われる可能性もあります。多汗症が原因で対人関係に影響が出てしまうのは避けたいですね。多汗症を治すなら、ボトックス注射の施術を検討してみましょう。ボトックス注射をおすすめする理由は、メスを使用しない点です。メスを使用し多汗症を治す施術もありますが、切開が必要です。手術跡が気になる方にはおすすめしにくいのと、ボトックス注射のほうがより気になる部分を集中してケア出来るからです。メスだと必要以上に汗腺を取ってしまうリスクもありますが、注射器であればポイントでボトックスを注入出来るので、必要以上に汗腺の働きを抑える事はありません。切開のように大がかりな施術ではなく、約10分ほどで終わりスピーディーです。抜糸する必要もないので、後日またクリニックに行く必要もありません。また、ボトックスを注入する際は細い針なのでほとんど痛みを感じる事はないでしょう。ですが、人によってはチクっとした痛みを感じる場合もあるので、痛みが気になる方は麻酔クリームなどの使用が可能かクリニックに相談してみましょう。