施術を受ける前に

男女

ボトックス注射にデメリットやリスクはある?

ボトックス注射は美容整形の中でも気軽に受けやすい事から、人気のある施術です。メリットを多くもちますが、デメリットがある事も忘れてはいけません。施術を受ける前に、デメリットを知っておきましょう。まず、ボトックスのデメリットとして代表的なのが、効果が長く続くわけではないという事です。ボトックスの効果はだいたい半年から1年と言われ、どんなに長くても数年で効果が切れます。足にボトックスを注入した場合、効果がある期間は足についた余分な筋肉が抑えられますが、効果が切れると筋肉が元通りになります。なので、効果を持続させたい場合は定期的にボトックス注射を打つ必要があります。1度の費用は美容整形の中ではコストが低めのほうですが、何度も施術を行うとコストは高くなってしまうのがデメリットですね。ただ、ボトックスを1度も経験しなかった頃よりも、定期的にボトックスを注入し続けたほうが効果が半永久的になりやすいと考えられます。また、ドクターがボトックスを注入する量を誤れば、患部が動かしづらくなる症状が起こります。顔へのボトックスであれば、眉が異様に上がってしまったり、笑っているのに怒っているような表情となってしまいます。こんな症状が続けば対人関係に影響が出てしまうので、困りますね。また、足へのボトックス注射が失敗すると、歩きづらくなる可能性もあります。このように、ボトックスの注入量や注入する箇所を誤ればプライベートに影響が出てしまうというリスクを持ちます。ボトックスの効果は永遠ではないので自然に症状は収まりますが、確実に満足のいく施術を受けるためにはクリニック選びをじっくり行うようにしましょう。